NHKスペシャル「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」の内容をまとめました

 

2015年の2月22日に放送された、NHKスペシャル「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」についての内容をまとめていきます。

 

腸内フローラは、腸内細菌の生態系です。

 

この腸内フローラが、がん、糖尿病、肥満、アレルギー、肌のシワ、さらには性格まで左右するという研究がすすめられているのです。

 

その腸内フローラについて、この番組で研究結果などを元に詳しく紹介されました。

 

腸内フローラ「バクテロイデス」が肥満を防いでいた

 

無菌状態で育てたマウスに、肥満の人の腸内細菌と痩せている人の腸内細菌をマウスに移植しました。

 

そして、エサや運動量などを同じ条件で育てていきます。

 

すると、痩せた人の菌を与えたマウスは変化がなく、肥満の人の腸内細菌を与えられたマウスはどんどん太っていったのです。

 

この研究を何回やっても同じ結果になり、腸内細菌を調べていったところ、「バクテロイデス」という腸内細菌が少なくなっていました。

 

バクテロイデスが肥満を防いでくれたワケ

 

分解された食べ物をエサとして生活している腸内細菌たちは、エサを食べる際にある物質を出します。

 

バクテロイデスの場合は短鎖脂肪酸という物質を出すのですが、これが肥満を防いでくれていました。

 

肥満は脂肪細胞が血管に流れる脂肪を取りこむことで巨大化し、太ってしまいます。

 

しかし、短鎖脂肪酸が血液の巡りによって運ばれて脂肪細胞に働きかけると、余分な脂肪の蓄積を防ぐようになります。

 

さらに、短鎖脂肪酸は筋肉に作用し、脂肪を取りこんで燃やします。

 

バクテロイデスが出す短鎖脂肪酸は、脂肪の蓄積を減らし、脂肪の消費を増やしてくれる物質なので、肥満を防いでくれるのです。

 

短鎖脂肪酸は糖尿病のカギとなるインスリンの分泌量も増やしてくれる

 

この短鎖脂肪酸は糖尿病の原因となるインスリンの分泌にも関係を持っています。

 

短鎖脂肪酸が減ってしまうとインスリンの分泌量も減ってしまいます。

 

アメリカ農務省の研究室では腸内フローラで糖尿病を治すと言う薬を開発しており、この短鎖脂肪酸を増やすために「食物繊維」と「ポリフェノール(ブルーベリー)」を配合して薬を開発し、臨床試験を行いました。

 

この薬を飲んでもらって食後のインスリン量の変化を見たところ、インスリンが出やすくなっていました。

 

このことから、腸内フローラで糖尿病治療に大きな変化が起きると言われています。

 

バクテロイデスを増やすには食物繊維を食べること

 

腸内細菌「バクテロイデス」を増やすなら、エサである食物繊維を摂ること。

 

食物繊維はバクテロイデスだけではなく、腸内細菌のエサなので、食物繊維不足になると腸内細菌のパワーが無くなってしまいます。

 

なので出来れば食物繊維は積極的に摂るようにしたいものです。

 

腸内細菌のエサとなる食物繊維
  • ごぼう、たまねぎ、アスパラガスなどの野菜
  • 納豆、大豆などの豆類

 

腸内フローラが出す「エクオール」でお肌のシワが減少?

 

腸内フローラが出す女性ホルモンに似たエクオールという物質が、お肌のシワの減少によいと藤田保健衛生大学の皮膚科医、松永佳代子さんの研究により実証されました。

 

実験では、更年期の女性67人に「エクオール」を飲んでもらい、追跡調査しました。

 

その結果、エクオールを飲んだ人はシワが浅くなっていったのです。

 

 

エクオールが肌にハリを保つコラーゲンを作りだしたからだと言われています。

 

しわだけではなく、更年期の女性を悩ます、顔のほてりや骨密度の低下を防ぐなども報告されています。

 

エクオールは大豆を腸内細菌が分解して作るので、大豆を積極的に摂りたいですね。

 

日本人が発見したガンを作る腸内細菌「アリアケ菌」

 

ガン研究アリアケ病院では、患者や健康診断に来た人の便を集め、腸内フローラの研究を進めました。

 

そしてガンを引き起こす腸内細菌を見つけ「アリアケ菌」と名付けました。

 

アリアケ菌はDCAという物質を出し、人の細胞に作用して、細胞を老化させ、老化した細胞は発がん物質をまき散らします。

 

肥満とガンが関係していることがわかった

 

今まで肥満とガンは関係していると言われていましたが、何故肥満はガンを誘発するのかは解明されていませんでした。

 

しかし、このアリアケ菌が肥満のマウスに多くみられることから、その関係性が解明されたのです。

 

肥満がガンの原因になるのはこの腸内細菌が1つの理由だということが分かったのです。

 

このアリアケ菌は5大ガンに大きく関わっていると言われています。

 

ガン予防に期待される善玉菌もある

 

日本人の身体から「ナッツ菌」が見つかり、今の研究では前立腺がんを予防する効果が期待されています。

 

ガンに関しては予防が大切なので、予防薬にこの腸内細菌が使えるという可能性は医療に大きな革命を起こすでしょう。

 

最先端治療の「便微生物移植」

 

健康な人の腸内フローラをそのまま移植する医療法があり、それが「便微生物移植」といいます。

 

やり方は、健康な人から便を貰い、水100ccくらいでとかし、腸にそのまま流し込むと言う医療法です。

 

なんだか逆に汚れてしまいそうでゾッとしてしまったのですが、これによって、全身に不調を伴う腸内細菌のディフィシル菌が異常繁殖する病気を患った患者が薬では治せなかったのに移植後すぐに回復したのです。

 

この病気はアメリカだけで年間1万人の方が亡くなられている深刻な病気でしたが、便微生物移植で寝たきりの人も回復しているのです。

 

アメリカではすでにこの医療法が実施されており、8〜9割が良くなっているのです。

 

腸内フローラが脳にまで影響している?「便微生物移植」を使った研究結果

 

この便微生物移植をマウスに使って、腸内フローラが脳内にどのような影響を与えるのかを研究しました。

 

高さ5cmの台から降りられない臆病なマウスと、すぐに台から降りた好奇心旺盛なマウスがいました。

 

その臆病なマウスと好奇心旺盛なマウスの腸内フローラを交換しました。

 

すると、臆病だったマウスは台から早く降りるようになり、警戒心が下がったことが分かりました。

 

一方で活発マウスは警戒心が高まり、台から降りる時間が長くなったのです。

 

また、コミュニケーション能力に対しても腸内フローラが関わっていると考えられています。

 

マウスはメスに求愛行動を取るため、特殊な超音波でメスに呼びかけていますが、コミュニケーション能力の低いマウスは呼びかけの数が極端に少ないのです。

 

コミュニケーション能力の低いマウスの血液中には4EPSという物質が増加しており、この4EPSが脳に悪影響を与えているのではないかと考え、それを取り除く薬を与えました。

 

すると、呼びかけの回数が大幅に増加し、コミュニケーション能力が高いマウスを同じ呼びかけの数に増えたのです。

 

その結果、この腸内細菌は人の脳にも影響を与えるのではないか、と考えられ始めたのです。

 

神経ネットワークが集中する場所は脳に次いで「腸」だった

 

脳に次いで、神経ネットワークが集中している場所は腸にありました。

 

腸には神経ネットワークが1億個あると言われていて、腸管神経系と呼ばれています。

 

さらに、腸内細菌が出す物質は神経細胞を刺激するものが数多くあると発見されました。

 

こうした刺激により、電気信号が生まれ、脳に伝わり、感情などに影響すると言われています。

 

この腸内細菌でうつ病が改善されるのではないか、と臨床実験が行われており、腸内フローラを変えれば心の病の治療に役立つのではないかと期待されているのです。

 

「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」を視聴した感想

 

というわけで、NHKの「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」の内容をまとめてみましたが、思った以上に腸内フローラが色々な事に関わっていて驚きました。

 

特に性格が腸内フローラに左右されると聞いて、思わずお腹をさすってしまいましたね。

 

落ち込みやすい時は腸内細菌が変な物質を出しているせいなのかな、と思ったり。

 

いずれにせよ、腸内は労わらないといけないんだな、ということがよくわかりました。

 

お腹を冷やさないようにしなきゃいけない、とか、食物繊維が身体によい、とか、その理由が分かった気がします。

 

番組の最後に腸内環境のバランスは食生活や生活習慣で乱れる、とも言っていたので、やはり食べるものにも気を使いたいなと思います。

 

菌活したい方へ〜身体に良いことを始めたい方におススメの健康食品〜

 


食物繊維・食物発酵エキス・お米由来の乳酸菌が豊富に含まれているゼリータイプの青汁です。
菌活をする際に必要な栄養素がこれ一本で補えるのでおすすめです。
青汁ゼリーですが、抹茶とリンゴの風味がして美味しく、普通の青汁よりも続けやすいのがおススメです!

黒糖抹茶青汁寒天ジュレのポイント!

クマイザサ粉末

食物繊維さつまいもの29倍!他にもカルシウム、鉄、マグネシウムと栄養豊富!
植物発行エキス

約40種の植物発行エキスを凝縮!
お米由来の乳酸菌

乳酸菌100億個!悪玉菌を抑え込みます!
寒天

ほとんどが食物繊維でできている寒天。水溶性の食物繊維は善玉菌のエサに!

価格 評価 備考
初回2,160円/2回目以降3,888円 評価5 青汁ゼリー
黒糖抹茶青汁寒天ジュレの総評


キャべジン』や『バンテリン』などの信頼できる製品を取り扱っている興和新薬株式会社の青汁なので期待して試してみたところ、体調が悪くなりやすい梅雨の時期にも関わらず調子の良さを実感できました!
いつもお腹のあたりがごろごろと気持ちの悪い感じになってしまうのですが、これを食べ始めてからは「お腹がくるしい」なんてこともなく、すっきりしている下腹に気分がよくなりました。
また黒糖抹茶青汁寒天ジュレは味も美味しく、おやつのゼリー感覚で食べられる為、お腹の不調に繋がりやすい添加物の多いおやつを無理なく我慢できたのもよかったのかもしれません。
ちなみに、通常価格は4,320円で、定期コース(3回は続ける必要がありますが)で申し込んだ方が安く購入出来てお得なので定期コースで申し込みました。
というわけで身体にいいことを始めたいと思っている方に、この黒糖抹茶青汁寒天ジュレを強くおススメします!
天然美通は「腸が変われば人生が変わる 脅威の腸内フローラ」の本を出版し、腸のスペシャリストで漢方の専門医として『主治医が見つかる診療所』に3度出演している田中保郎先生がイチオシしている健康食品です。

なぜ腸のスペシャリスト達がイチオシするかというと、環状オリゴ糖・国産無農薬有機大豆・話題のDHC・モンドセレクションで金賞を受賞した天然水を全200工程以上、5段階の発酵・熟成を経て抽出された業界初の唯一無二である特別なエキス『大豆発行熟成エキス』で出来たサプリメントだからなんです。
このエキスを抽出するまでになんと2年以上も発酵熟成しているので、発酵食品の中でももっとも進んだ食品である『醍醐』という状態にしあがっているのです。

さらに、乳酸菌とは異なる、乳酸菌生産物質という成分が腸内環境を整えることで効果を実感させます。
腸まできちんと届き、善玉菌をパワーアップしてくれるうえ、徹底的に原料にもこだわっている為、最高品質のサプリメントと言えます。
価格 評価 備考
3,345円 評価4 サプリメント(カプセルタイプ)
従来の青汁は野菜不足を補う「大麦若葉」「ケール」を配合した商品が多いと思いますが「青汁みらい」は野菜不足を補うだけじゃない、 従来と全く異なったアプローチの青汁です。

他にない最大の特徴は、乳酸菌生成物の米ケフィラン。
米ケフィランは、乳酸菌研究の第一人者である光岡知足先生によって開発された成分です。

乳酸菌(生菌)そのものは、もともと体内に棲んでいる菌とは異なるため、 体内で増殖・定着することがなかなか難しいと言われています。
それに対して乳酸菌生産物とは、乳酸菌が作り出す有用成分のことで、 有用成分がダイレクトに体内に吸収されます。
その他、必須アミノ酸全9種類を含む豊富なアミノ酸やビタミン・ミネラルを 豊富に含む栄養バランスハーブ「マカ」と、ダイエット成分として定評のある DNJを含む「国産有機桑葉」、食物繊維たっぷり「マテ茶」を配合した贅沢な 青汁となっています。
価格 評価 備考
2,430円 評価4 青汁